コロナ騒動中騒がれててたのは
各種農産物の市場価格個高騰

同時に農家レンチレベルでは出荷先が無いので廃棄

これって今始まったことではないのですよね
北海道で現在 中国系資本による 食料加工場が大量に出資されています
この資本は「産地にトラックで農産物や水産物を引き取りに行く」ことで
各主産物を大量に仕入れています

結局小売価格に合わないので「廃棄される産品」は多いのです
そしてなぜこの様なことになってるかと言えば
農水産物の物流が鉄道からトラックになり
トラック物流がなんだかの事情で停滞(高いとか人手が無いとか 今回の様にコロナで停滞)した場合
出荷したくてもできない事情が発生するのです

消費者レベルのデフレ脳も問題かもしれませんが
物流とは「重要なインフラ」であるという事を皆が知らないといけないのかもしれませんね

昨今 海外資本による不動産投資云々言う方は増えてきましたが 根底である物流問題も取り上げないといけませんよ
気が付くと地方の農産物の運賃を無料で引き取るだけではなく
日本の様に見た目が悪いと引き取らない「選別がいる」取引先より
作ったのをいくらでも仕入れる中華系に産地レベルで奪われますよ^^;