久しぶりの更新となります
ちょっと現地で秘匿契約期間があったのでネット断ちしてました^^;

タイトルにある話題何故韓国があれほど 過激に出るか
よく言われる話題
1・日本にされたから 屈辱と感じた
2・経済的に断たれると危機になる恐れがあるから
3・国内の選挙民を騙すのにいい口実と政府が弄んでいるから
4・日本を敵に据える事できたとの国民的感情の融和を図りたい者がいる

このあたりが日本で話題になる話ですが・・・

ころ的にはプラスアルファーがあります
私この話題を中東で聞かれたわけなんですがある意味納得しました
彼ら某国官僚さん曰く

「韓国はわが国と政府契約を結ぶとき 貴方だけは特別に 二国の交流云々」と交渉をする
しかしよく考えるとこの交渉を周辺国すべてにしてない保証は無い
敵国にしてる可能性もある 過去に報道された内容からすれば 国防協力オプション や 融資話等を持ち掛けられてることは暴露されている(UAE原発がこれかと)

その上で北朝鮮制裁に非協力的であるどころか権利を訴えてる

そこに日本が核開発協力の恐れがあるので ホワイトリスト所外を通告をした
我々はあの国をどの程度信用していいのかわからない

わが国には 韓国は信用に値する国家かいとど考えろと言ってる様に思える 

と聞かれたんだが・・
そりゃそうだよねぇ 
自国に 「特別ですよ」と持ちかけた実績はある
そこに 自国が知らない他国への優遇のソースも報道された
国連制裁の 核開発物資系の横流しを「日本が警告し実際に除外した」

要はこれらのソースを否定するには 報道が嘘である実績が必要
信用大国日本 VS 嘘つき疑惑国家韓国 の 信用をかけた争いなわけです
これが「国連の核疑惑を重視してる各国」に一斉に沸いたわけです
自国への呼びかけたこと と 相手国が流した契約不履行情報は 韓国は否定不能 
唯一否定出来るのは 「日本の誤解によるホワイト国外し」のみなのです
そしてこれこそが一斉に外交問題が拡散した最大の要因でもあるわけです

これを否定しないと各国との外交すべてが破綻します
輸出に頼り世界中と二国間FTA結んでる韓国です
これらすべての国に説明責任が発生してる構図

故に反発が過剰なんです リスト外し=世界から見限られるポンコツ国家 の構図
そりゃ西側国家ではこの感覚判りません

結局韓国はこの点からしても西側の常識が通用しいない特殊な国家なのかもしれません