米軍の電子偵察機が韓国上空で異例の飛行、北朝鮮軍で何かが起きている?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00563614-shincho-kr&p=1

片手落ちが多すぎます
各種報道で北のミサイルか?というのが流れていますがむしろ逆
今うたないでいつうつのかと・・

北が核を持つ意味は「交渉相手に大国を選択し存在価値をPRするためです」
この大国が某国を除く周辺国やアメリカ

それなのにこんな動きがあるわけ

韓国軍の有事作戦統制権行使能力を初検証へ 韓国軍大将が主管
2019.05.28 10:28 https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190528000700882?section=politics/index

【ソウル聯合ニュース】米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管に向け、韓国軍の軍事能力を検証する韓米合同演習が韓国軍大将の主導で8月に実施される見通しだ。
 韓米連合軍司令部や韓国軍合同参謀本部によると、有事作戦統制権移管のための初期作戦運用能力(IOC)の検証・評価を、8月の韓米合同指揮所演習と並行し、韓国軍大将の主管で実施する案が有力とされる。
 IOCの検証・評価演習は、韓国軍が有事作戦統制権を行使する能力を持っているかどうかを検証する最初の関門となる。この関門を突破してこそ、韓米軍当局が計画している有事作戦統制権の移管スケジュールが順調に進むと軍関係者は説明する。仮に最初の評価で韓国軍の能力を補完する必要があると判断されれば、2022年ごろと予想される移管時期は先延ばしになる可能性もある。

 有事作戦統制権が韓国軍に移管されれば、韓国軍大将が連合軍司令官を、米軍大将である在韓米軍司令官(現在の韓米連合軍司令官)が副司令官を務める「未来連合軍司令部」体制に変わることになる。

 韓国軍合同参謀本部と在韓米軍司令部は、今回実施するIOC検証・評価の結果を10月に予定する韓米軍事委員会(MCM)に報告する計画だ。

==
これを認めてしまうと 「交渉のカウンターパートナーが韓国」になってしまいます
こんなの「投資した意味がなくなる」わけですね

要は一番いいのは「韓国では無能」な事を「米国を刺激しない程度PR」する必要があるわけ
そこに先日来の「短距離」発言がある
期限はこの演習までですから 今しかないわけです
まして今イランに米国が向いてる この状況を見逃すのは馬鹿ですよ‥