何気に国際的な立ち位置がわかる話です

台湾潜水艦作るよ という話 記事は各自で

中国海軍に対抗 台湾が推し進める国産潜水艦計画の現実味
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00010000-globeplus-int&p=1

記事自体は 台湾海軍が弱体化したんでテコ入れという話ですがこれ何気にすごい話なんです
米国は 中露武器市場の影響を激減させる ディフェンスワンプロジェクトを運用しています
その特徴は 米国が同盟国だけではなく友好国にも「先端武器を売る」事を推進する
価格差を米国が負担する という内容です

これを基にF35とか盛んに輸出してるわけです
この法案は「友好国」相手に短期で「輸出許可」を与えるために「技術公開範囲の拡大」を推進してるわけ

でこれには対象国を「友好国」に知る必要がある 
要は先日通った「台湾支援法」があればいいわけですね
これで 武器を渡せる構図が整う・・ここまではいい

さてまじめに半島オチしてる方は知っての通り あの国は自主国防体制強化に
アメリカに対し「技術供与」を求めてますが「却下」されています

これ凄い事なんです 旧ワルシャワ機構参加国にすら解放され
台湾にも開放された情報を「韓国はいまだにもらえない」

お困りの国の立ち位置よくわかりますね 元ロシア側国家や台湾>お困りの国
地味に重要なニュースでした