メイ英首相が合意、6月に退陣スケジュールを策定
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-16/PRLVV96JIJUP01

魚拓 http://archive.is/F73Zp

メイ英首相は与党保守党内からの辞任圧力を受けて、退陣に向けたスケジュールの確定に同意せざるを得なくなった。これにより政権が終焉(しゅうえん)に向かうことがはっきりした。

  メイ首相は退陣スケジュールの発表に先立ち、最後にもう一度だけ、欧州連合(EU)との離脱合意案の議会承認に向け、離脱協定を国内法として法制化するための「EU離脱協定法案」を6月3日の週に議会に提出し、自らが始めた仕事を何とか終わらせる努力を行う。

==
これは可愛そうだな メイさんは、そもそも離脱反対派
それが前政権が離脱決めちゃったんで仕方なく バランスを取ろうとした人
それなのに「離脱推進させる馬鹿」と叩かれてる構図

どこか似たの見てない??そうの国です
民主3馬鹿の決めた法案を事務処理進めたら 旧民主が騒ぐ図
止めたらとメタで騒ぎ 進めたら進めたで騒ぐ

日英の差は「騒ぐアホの先導に乗る人の数」だけの差です
正直パンドラの箱開けたのは
ショー政治を考えもせず 乗った馬鹿な国民
すべて英国が馬鹿で終わる話

今だれがなっても「他国は馬鹿である限り話を聞かない」
故に 首相がだれであれ大差ない 酷くなるか より酷くなるの差
壊れるまで壊れた後 再生してから出ないと「国民の気質」の変化はないでしょうな
これは 韓国やドイツも同じ
日本もそうならないように気を引き締めましょう