韓国ロッテ、米化学工場に920億円追加投資へ
辛会長がトランプ氏に方針伝達


【ソウル=山田健一】韓国ロッテグループは、米国南部で完成したばかりのシェールガス由来のエチレン工場に約1兆ウォン(約920億円)を追加投資する。辛東彬(シン・ドンビン=重光昭夫)会長が13日、トランプ米大統領と会談し、意向を伝えた。2030年に化学業界で現在の世界22位から7位に上がる目標の達成に向けて攻勢をかける。

ロッテ傘下のロッテケミカルは、16年に米ルイジアナ州でシェールガス由来のエチレン工場を着工し、5月9日に完成させた。同工場の生産能力は年100万トン。追加投資によって5年以内に140万トンまで引き上げる。

ロッテケミカルは既存投資を含め、新工場に約4兆6千億ウォンを投じる計算だ。同社全体のエチレン生産能力は年約450万トンで、米国は韓国の230万トンに次ぐ規模になる。シェールガス関連の事業は原油価格の変動リスクを抱えるが、ロッテ関係者は「原油価格は上昇基調にあり、勝算はある」と強調する。

新工場の完工式に合わせて訪米中の辛会長は13日、ホワイトハウスで韓国財閥の総帥として初めてトランプ氏と会談し、米国における化学とホテルの事業概要を説明した。トランプ氏は会談後、ツイッターに「韓国の偉大なパートナーたちは、米国経済が力強く成長することを理解している」と投稿。ロッテ側によると、会談では「米韓両国が関係を強化するための協力案も話し合われた」という。

米韓両政府の間には、対北朝鮮政策をめぐってすきま風が吹く。こうした中、韓国国内では「経済界が率先して強固な韓米関係を訴える必要がある」(大手財閥幹部)との声が強まっている。米国が保護貿易色の濃い政策を推進するなか、経済の結びつきの強さをアピールして、韓国に不利な政策が実施されるのを避けたいとの思惑がある。

ロッテ以外の韓国企業では、サムスン電子が20年までに15億ドル(約1650億円)を投じてテキサス州オースティンの半導体工場を増強する。LG電子は2億5千万ドルを投資して19年にテネシー州で新設の洗濯機工場を稼働させる。同社にとっては米国初の白物家電工場になる。

いずれも17年の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪米の前に公表された計画で、米国の理解を得るには計画の更新が必要との見方もある。

動きとしては
まず韓国1位から陥落
ロッテケミカル業界1位をLG化学に譲る?

あと本社をヒューストンから新工場へ移動
これをテコに州政府は投資を各国に呼び掛けています

Gov. Edwards Dedicates $3.1 Billion Lotte Chemical Complex In Lake Charles

結局米国内の原油業界の覇権争いしたいシェールガス故に後発のルイジアナ と 落ち目のロッテが手を組み双方一発逆転を狙った形です

州政府が「投資ツアーを世界レベルで行っているんで・・・(´・ω・`)」
うん ナントイッテイイカ ホントウニキミイイノカ と思ってる案件
日本ではこんな感じでした

LED、米国ルイジアナ州投資セミナー開催、日本企業の投資を広く呼びかけ