ネットでは流れていますが 見ない人にはわからない
園や行政を過度にたたいています
そのソースたる報道もひどい有様
君ら 渋谷や神戸の暴走誰が悪いと叩いたんだよと‥
今度は真逆ですか 叩ければいいわけね

園が悪い 交通事故多発地帯だなど「ありもしないデマに付き合った結果がこれです」
時事通信さんがうまくまとめています 必読物 あえて全文掲載

子どもの安全、どう守る?=「交通対策に限界」との声も-大津の保育園児死傷事故
大津市で散歩中の保育園児らが巻き込まれた死傷事故。園側も安全に配慮していたが、悲劇は起きた。小中学校の通学路に比べ、通園路や校外活動に使う道路は対策が遅れており、限界を指摘する声もある。子どもの安全はどう守るのか。
 警察庁によると、昨年、歩行中に交通事故に遭った未就学児は1361人で、うち17人が死亡。幼稚園や保育園の行き帰りや、預かり中の被害は計112人に上る。
 2012年に京都府亀岡市で集団登校中の小学生らが死傷した事故を機に通学路の安全確保は進み、文部科学省の緊急点検で浮上した危険箇所7万4483カ所の約97%で既にガードレール設置などの対策が取られた。
 一方で、遠足や部活など校外活動で通る道路は点検の対象外。保育園や幼稚園は保護者の送迎や通園バスが前提で、通園路の調査自体していない。
 文科省の担当者は「放課後子どもが通る道もある。全ての点検は不可能」と話す。通学路以外は、各校ごとに授業で安全意識を高めたり、PTAなどから危険情報を得たりしているという。
 園児の散歩など外での活動について、厚生労働省は経路の危険箇所や交通量を事前に確認するよう指針で規定。大津市の保育園も車道と離れた側を歩くなど安全対策を取っていたが、事故現場が危ないという認識はなかったという。
 滋賀県警によると、現場では最近5年間で人身事故は起きていなかった。歩道は幅約4メートルで、縁石もあり、管理する県道路課は「歩行者を巻き込む事故は過去になく、安全と考えていた」と説明。改めてガードレール設置などを検討するというが、担当者は「より危ない道もあり、予算的に優先順位を付けざるを得ない」とも話す。
 交通事故鑑定「ラプター」の中島博史所長は「今回のような事故は誰もがちょっとした不注意で起こす可能性があり、完全に防ぐには膨大なコストがかかる。ハード面の対策には限界があり、運転には危険が伴うという教育を地道に進めて意識を変えていくしかない」と話している。

==以上

やるべきことはやった 過去の事例に従い「点検改善はしたが予算の壁があり優先度がある」
で「なにに義憤もやし炎上する要因」が自治体や園にあるのかい?

これを支えるのは「噂の元になった過剰な報道合戦」でしょう
その結果がこれ NHKより 消えるんで魚拓も載せます

園児死亡事故で遺族がコメント

https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190509/2060002600.html

魚拓 http://archive.is/xajPw

今回の事故で亡くなった2人の保育園児の遺族は、9日、警察を通じてコメントを出しました。

【原田優衣ちゃんの遺族 父親の原田学さん】
「青葉の候、各位ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さる2019年5月8日、滋賀県大津市にて残念な事故が起きました。
 その中で、私共の娘、原田優衣が今回の不慮な事故に巻き込まれ、わずか2年10ヶ月という短い人生に幕を閉じました。
 レイモンド淡海保育園におかれましては、短い期間ではありましたが娘のかけがえのない笑顔を見守ってくれた事には感謝の意しかなく、今回の事に囚われることなく今後も小さな命に寄り添い、共に歩み続けることを娘もきっと望んでいます。
 私共家族としても、家族5人で苦楽を共にし、普通に過ごせると思っておりましたので、今回、娘優衣の突然の逝去に関しては驚きを隠せず、現実とは思えませんでした。
 然しながら、今自宅で、話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔も見せることもなく、ずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつ毎に家族としても胸が張り裂ける程の深い悲しみに包まれております。
 現在優衣を含め、家族5人で最後の一家団らんを過ごしております。報道関係各位におかれましても、自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します。
 私共としても安らかに娘を旅立たせようと思っております。優衣は2年10ヶ月しか親より愛情を受けておらず、最後に私共夫婦・姉弟よりたっぷりと愛情を注ぐ式にしたいと思います。
 報道関係各位におかれましても、何卒私共の心情を察っして頂き、御配慮の程よろしくお願い致します」。

【伊藤雅宮くんの遺族】
「私たちは、この度の突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています。
 このような私たちの心情をお察しいただき、自宅や葬儀会場での取材や写真撮影をご遠慮いただきますようお願い申し上げます」。

(原文ママ)

以上 全文
まず「警察を通じ」=報道は役に立たない むしろ邪魔 ってこと
しかも文本体に「園には感謝しかない」と書かれた上に
「お葬式は、静かに送りたいので報道は突撃取材を控えろ」なんて書かれている始末

これが義憤燃やす闘志さまの引用する「報道」の現実です
誰のための炎上ですか?遺族も縁も自治体も「迷惑なだけでむしろ邪魔」とまで言われる始末
要は炎上なんて自己満足以外何物でもないのです

その上 時事通信のほうの記事では「やれることは各自やってる」とまで書かれてるし
叩く相手間違ってないかい?

そもそもだが「相応しくないのが乗るのが異常」であると同時に
逆説的ですが「乗らなくても生活できる権利」が軽視されているからこのような事態になる
「事故を起こしたくて乗る馬鹿はいない」「乗らないより乗るほうが便利だから乗る」わけです
「乗ることのできない者を保護」することで「乗るのにふさわしくない者が乗る環境を断つ」事が出来るわけ 間違ってるかな?
子供は車運転できない 酔っ払いも乗るべきではない
病気で通院するのに「集中力が欠けた状態で運転しないと行けない」現状
都会は移動手段がある 田舎はない
子供や病人なんて日本中にいる 守るべきものを守らない 守れないインフラ環境だからこそ
相応しくないのが「乗る権利」を訴えるのです

義憤で燃えるのなら「乗る権利」をはく奪するのではなく
「乗らなくても困らない 乗らない権利の保護」を検討すべき
あべこべだからいつまでたっても解決しない そもそも「車っているのか」でしょうが・・