認識が甘い 飴玉よりも甘い考え
米中 米朝 米韓 米ロ 日米の各種接近は
純粋に見れば 攻める時の被害が少なくなるリスク軽減のお膳立て
話し合いによる解決だと?

戦争の本質を理解していない
①話し合う段階を過ぎている場合←だから今がある
②投資(開戦)に際しなんだかの利益が確実に見込まる場合
③破たんしたもしくは破たんが見えているから打開のために行う
④もはや採算を無視していい緊急事態の場合

pfYnEPt9

①は 核とミサイルの蜂起で初めて回避される内容 これまで繰り返してきた以上
 確実な履行保証が必要

②は、現状だね 被害軽減のできる段取りなり見通しがつけば叩く口実は揃う

③も現状 開戦することで国際影響力や内政でも支持を確実に得る事でそれが利益になる場合
 むしろ開戦しない話はない 現状のロシアとの外交ポイント争い(双方外交しかポイントがないや
 同じく双方内政は支持基盤が怪しい どちらも動いてもおかしくはない
 これは中国も同じ 3者とも叩く利益はある

④これが唯一北要因 最後の一線を越えれば双方勝手にたたき合いになる

この現状を踏まえ話し合いで解決出来るだと・・・まず年内は話し合いによる完全解決はないわ
経過観察タイムリミットの締め切りつきはありえるが
あえて話し合うことで油断させることや準備を整える事はあるだろうが

今は戦端が開かれていない状態ってだけだ

そこに韓国の酋長があれだぞ??守るべき空に出なくなったと思われればリスクは軽減する
②は加速するんだ それこそ今リスクは加速したとしか言えないわけ