首相候補に知日派指名は文在寅大統領のサプライズ人事 対日関係改善模索を印象付け

http://www.sankei.com/world/news/170510/wor1705100060-n1.html

まぁ一番まともなのを選んでみた
大体話がおかしいですわ 相手を評価するかどうかは
「評価に値する対象」にまずなったうえで
「評価に値する回答」を出したときでいいわけだ

何もこちらへ成果を見せてないうちに 知日派採用したから評価だとか
これからいい流れだの 寝言言ってるとしか思えません

自分に例えてみましょう
本人は 物凄く頑張っていても
会社では 成果が出なければ査定プラスにはなりません
むしろ頑張ったが成果が出ない場合はマイナス査定です
無駄な労力や 会社に対し無駄な時間を浪費させているのですから
国際関係も基本は同じです

相手がアホな場合 相手がまずアホでないことを成果でもって証明してから相手にしてもいいのです
証明できない場合 あいつらは口だけでアホであると 国際社会に事実を基に論じればいいのです
悔しければアホでなくなる努力をすればいいのです

その上で国際社会に「彼らは晴れてアホではなくなった この成果を褒めてあげましょう」でいいわけです

満足な回答を得られる前にいちいち評価するから舐めた態度を取るのです
毎回それが通じるから相手は無法者なのです

何故いちいち評価する事や 未来の希望が明るいかもと言うのだろう
余りにも愚かすぎます

アホはあほでなくなった時 初めて一般人と認めればいい
努力する前に花丸与えるものは そのアホより愚かな 大バカ者です