最近薬買いによく薬局へ行くのですが正直変だなと思ううことが
よくトイレ利用させてもらう
大抵の場合 女性用トイレ 障碍者トイレ兼男女用トイレ
スーパーも大きなところでも男性用女性用介助用と言う感じ
その障害スペースにしても(女性用知らないので何とも言えないんだが)
確かにスペースは拾い しかし視覚障碍者用ではない
あえて言うなら車いす用

これ偽善の塊だねぇ 男女論かざすなら障碍者用も2個いるわけだ
何故健常な女性用だけ独立してることに疑問を持たぬ

女性用兼女性用車いす利用可トイレ 男性用&介助者可トイレ の2個が正解
さらにいえば視覚障害もあるのだから誘導タイルなり手すり等が奥にある便座まで誘導とかする必要もあるはず

結局なにかの権利を述べるが本質を見てないのだろう
弱者を守る擁護する正しい健常者の私に酔ってるんじゃないかな

実際競合店がある場合 これらの施設がある店はコストが高い故に商品がやや高めになる
権利を主張する以上 それに答えた店の売り上げに貢献する活動をしないといけないんだが
そういう運動をしたのを私は見たことがない

結局は、歪んだ福祉を押し付けてるだけではないか
押し付けてその店を弱体化させ 正義の味方私に酔ってるようにしか見えない

そうして誠実な店は駆除される そりゃ世の中悪人がはびこるわ