この国には不思議なところがある
多少気の荒い人物もいつの間にか日本風 丸い正確になる

モスレム系ですら大人しいでしょう?

====
さてさて昨今 韓国からの邦人救出体制が問われている
その一方で国内にミサイルがと騒いでいる
ならば自国から他国への帰還体制は整ってるのかな
被害が大きかった東北の時どうだった?自国民優先で現場では対応に振り回され
各国大使館の被ばくリスク恐れての 訪日危険勧告や大使館の臨時移転等に結構な批難が国内であった
同様に各国でもこの逆 日本への非難もあったわけだ

規模が小さい場合は現場レベルで対応が可能だろうが 大規模もしくは同時多発の場合
司令塔になる官庁がパンクすることは考えられる
ならば今どのような体制であり現場になる地方自治体や警察観光施設にどの程度の負担がかかるかなど知っておくべきこと検討しておくべきことはあるんだ

この声は全く上がってこない


アラブで拉致やテロ行為が続いていた時 対象になるのは その外国人に価値があったからだ
外国人と言う意味で

ならば今回の場合 アメリカ人と言うだけで狙う価値は十分にある
アメリカ人を守るのはアメリカ政府の義務 これは正論
だがこれを無条件拡大すると 日本政府はアメリカの言う事を聞かねば!!となる
それが嫌なら 日本が守る必要が出てくる 速やかに戻る手伝いをせねばならない
見た目だけで目立つ人をこの国の言葉が判らない状態で守らねばいけないわけだ
そして英語喋る外人がターゲットなら英国人カナダ人とかも巻き込まれるのは当然であり
多少でも便利なように英語を話す他国の外国人も巻き込まれる^^;

外交音痴の外務省がこれらの事案発生時日本ブランド守れるのかな

そして扉で話した 日本人化した各国大使館がいきなりまともに機能するのかな?
当然混乱するだろう その時の報告は「日本側の協力が・・・」と書かれ
愚かな外務省は・・・だろうねぇ(;・∀・)

もしを考えるなら あらゆる分野のもしを考えねばいけない
安全とはグラスと同じだ
ふちが欠け一か所が低ければ 水はそこから漏れる あらゆる方向で欠けがないかを考えるためにも
個々人がいろいろなケースを想定し問いかけねばいけない