取り扱い注意です いつも言いますが
受け入れやすい内容の時ほど内容について疑ってください
一番大事なのは 納得することではないのです

自分の頭で考える事です 受け入れてしまってはダメです
この内容に納得した場合 そこで終わってしまいます
何故か どこが足りないか 自分との差異はどこか 本当にあってるのか
これこそが一番大事なところです

これが出来ないのなら逆に読むのが有害かもしれません

それでもいいのなら 続きへどうぞ
まず一般に今皆さんが語る国暴論は私には寝言にしか見えません
ものすごく時代遅れなのです

現在は国家指導の元 国権の発動としての戦闘 すなわち 戦争よりも

戦争が国際法で禁止されているので基本は
準戦闘行為である 諜報のほうが危険なのです

いま日本が議論してる戦争は 国家管理の戦争であるAパターンだけなのです
戦争には Aパターンによる

母国からの輸送に基づく武力行使 と

Bパターンである 行使する武力を地産地消する破壊工作系武力活動があるのです

Aパターンは 武力を運搬するので日本が好きな専守防衛は成り立つのです
迎撃や輸送を防げますからね

ところがBパターンの場合国内に潜り込んだ もしくは育てた協力者がいれば先端は維持できるのです

これを防止するのが今問われている テロ関連の様々な法案です

でもこれだけでBパターン戦闘は防げるのでしょうか
単純な例を掲げます
9.11報復でアフガニスタンにアメリカは進行した

日本は?もし敵対国が「民間組織」を偽装して交戦してきた場合
抗戦する相手は 民間組織です

ところが戦闘地域は 相手国である これって相手国側にしてみれば 明らかな侵略行為であり
日本国憲法における大前提 侵略行為をしない に反するのです

襲ってきてるのは 国ではないですからね・・・

こうなると日本は一方的に殴られるサンドバックですね こちらには絶対の勝ち目はないのです
良くて守りきれたという名の引き分けです

その間に経済破綻する可能性や厭戦気分まん延での敗北しか道はないです

更に最悪なのは 例を挙げます
①どっかの危ないグループが ナイフをもって人々を襲った
襲われた人が反撃は 正当防衛なり過剰防衛
襲われた人を守るために駆け付けた人は?

②同じ職場にある危険物を同僚が悪用しようとした 彼を止めるためにバットで殴り倒した

③ガソリン入れてたら近くで破壊工作してるアホがいた とりあえず車載のクラブでぶん殴った

④隣の敷地にある電柱の電線切ってる(切ろうとしてる)のを見かけた

テロなんてその気になればいくらでも可能なのです 専門知識組織力があれば大規模な活動
地産地消故にもっと安易なこのような誰でもできる例もあるのです
ましてスパイ天国の日本ですよ 保安管理要員が敵の可能性もあるのです
その敵を篩い分ける採用ですら 自由平等で篩い分けることを法で禁止してるんです

どうやって守れと言うんです?国が守れるんですか?

国家が守るべきものは 国権の発動が出来る組織であり同盟国が守るのも基本これです
細かな事案を守ることは組織的に無理なのです
ならばこれら細かい防衛策を論じる法体系が必要であり
この法体系は 〇〇の場合動いてもいいという法体系ではなく
〇〇以外動いてもいい と言ういつもの逆の法体系がいるんですね
根本の発想が逆なのです

きのこ論かざしてる段階で間違いなのです
この間違いを指摘しないといけないのですが なぜかパヨった人の疑問に対応するために
パヨった土壌で語っているのです 会結論が出ないように仕組まれた土壌で戦う意味はないのです

要は国家がAを語り骨抜きされたBしか法案として言えない以上
国民世論で現実的なB+と言う使える法案を押す事をしながら
その為にはミサイル云々論は国家に任し 自宅周辺で起きるであろう破壊工作や
密入国から最低限自分たちを守るために超えてはいけない一線を具体的に考え
これを基にした法体系を作れと言いながら自衛することを考えなければいけないんです

その為には 国防は防災の一種である 台風地震に備えるのと実は大差ないという基本を認識せねばいけません

だってそうでしょう?地震が起きた時 一般論も重要 でも 近所にガソリンスタンドがある
超巨大で考えれないのが来たとき
燃えない?うちは低地だ 洪水が起きて油膜火災もありうる
大丈夫とか個々により想定されるケースは違うのです

過去にあった事例をもとにも想像ができます 津波で全電力喪失が原発飛ばした
ならば同じことを人為的にできないかとかね

その発展形もある
日本の主権は日本でしか通用しない では隣の韓国が原発飛ばしたら・・
ケンチャナヨ建築&遁走民族ですよ 誰が守れる保証ありますか・・・
規定通り作ってればミサイル程度では原子炉は壊れません しかし作ってるのか?
原子炉はOKでも指令設備補助設備は?それを警護する<丶`∀´> 
守ると思う? ならば自国の被害想定範囲の避難体制は大丈夫?

思いつくことは無限であり対処しなければいけない範囲も無限なのです
故にNGリストで構築した法体系とあらゆることを想定できる議論をすることを許す社会構造にしなければいけません