韓進海運問題が拡大化してきてます
だが韓国政府はどうもやる気が無いと言うか自体の深刻さを理解してないように思う
そしてそこに集る気満々の関係者たちも見えてきます
だから何もしないんでしょうね

基本的に韓国系海運はロイズに嫌われ政府保証で何とか世界に入港できる状態です
その状態なのでいわゆる入港料や入港条件のツケが効いていたのですが
9月より政府の保証が無いと言う事で韓進の船は港に入ると差し押さえられる情愛になっています
本来は船を差し押さえても積み荷は別の船で運ぶとかするんですが今回は完全に物流が止まってしまっています
 これを避けるのに港の前までいき沖合に停泊してる船が続出しています
燃料食糧切れたら(;・∀・) 
まぁこの程度で考えてるのがレベルが低い

海運が止まる今回の場合深刻なのは 「韓国政府の保証」がある事です
政府保証があるのにそれを行使しないと言う事は「韓国政府は信用できない」実例を積み上げることになります
そしてもっと深刻なのは船舶会社系ネットワークと言うのは同じく保険業界のネットワークでもあるのです
保険も金融も同じ業界と言ってもいい
 
どうするんでしょうな 国際金融網からブラックリスト上位に格上げされるぞ・・・
只でも自国金融を外資に乗っ取られてるのに肝心の外資にケンカを売ってるのがこの海運問題です
韓進だけではなく韓国政府保証が飛ぶと言う事は韓国系海運のリスクが高まる事を意味します
既にコンテナ輸送料金に値上げの状況が発生しています
韓国海運の信用が無くなれば釜山も消えることになる

韓国政府どうやら深刻さを理解してないのかそれとも韓進がため込んだ保障肩代わりを払う外貨が無いのか
今回のかじ取りミスは結構大きな痛手になると思います

===他blogより 
韓国外交部終わってますね(;・∀・)

韓国外交部「慰安婦問題は韓日請求権協定で解決していない」

日韓基本条約に婦女子のと明確に書いてるんだが(;・∀・)