G20で メンツ潰されたくない中国と国内経済ほぼ終わり停滞期入り確定の韓国
ポイントは外交で稼ぐしかないが経済界は未だ中国の夢を追う
結果とし韓国もメンツ+実体経済の関係上中国頼りになるしかない
こうなるとどちらもすり寄れるポイントで共闘が加速するかもしれません
様々な歴史問題を捏造しそうですな

問題はアメリカです 韓国が今舵をアメリカ寄りに切り替えようとしてますが
肝心のアメリカが次がどう出るかよくわからない
フラフラしてますしね そもそもどちらも国家TOP不適合者ですし下手すると気分で方針変えかねません
結局オバマはなんだかんだ言っても国内低所得層 すなわち各種工場労働者の雇用を改善してるのです
舵取りを間違うとこれらが失業する
しかし中国依存は加速は危険
東南アジアは三菱販売網が最強
南米はそれほど影響力が実はない 何しろ歴史的にアメリカが嫌いな国は多い
ナチドイツ支持国家や要産経ゲリラがいる国や麻薬カルテルVSアメリカ代理で各国軍警察が戦ってる地域も多い
結局は一番容易なのは美国と呼んでくれる中国なんですね

次期大統領の手腕が悪いと見せかけの財布を潤す中国依存主義が再加速する恐れはある
米国内の産業対立でどこを大統領が代弁するか
ある意味次期両方大東柳雄と言う政治家と言うより
産業界のセールスマンやスポークスマンの様な人 危機の時にもっとも怪しい両候補からどちらが多少ましかを選ぶ選挙 それに引きずられかねない世界
引きずられない振れない日本を維持しきれるかそれこそが世界経済の再構築
即ち戦後体制の脱却の第一歩です
軸はどこかを各自で考える時かもしれません
ぶれている世界で軸は他国に求めるのではなく
日本の中のどこが軸になるかを考える時期でしょう