ある若手女優が持てはやされた
すれていないフレッシュな演技を見せたと 
評論家は、こぞっていう
「自然な演技で舞台に新しい風を吹き込んだ」と

だがその活躍は、長くは続かなかった
すれていない自然な演技・・・それ即ち只の大根役者
フレッシュな これは若いと言うアドバンテージがあったからである

刺激を求める観客には、毎回見栄えのしない演技しかしないこの女優を見に行く価値は、無かったのだ

======

まぁ参政権ないうえに そもそも 沖縄の地方選なので どうでもいいんだが・・・

翁長さんは何時も 「私が当選したことが民意」「これが地元の意見」だと歌ってますが
本日面白い選挙結果が出ました

112年ぶりに沖縄方面で霙という大寒波の中
前回より投票率が9%も上がり
反翁長派(基地移転推進)が地元も地元の市長選で当選しました

これはある意味当然の結果です
片方は 今何をすべきかを そして自分はどう動くか
もっとも重要なのは お財布である 経済復興案と言う
「具体案」まで出している

かたや ALL沖縄陣営は 陣営が烏合の衆になってしまった結果
主張すべき事は なんでも官邸団 に なってしまい
目に見える 具体的な意見も 肝心である お財布の話もしない

地方選である以上 身近な生活 すなわち お財布こそ最大のPRポイントである

地元民は 理念だけでは動かない
事件でも合えば別ですがね・・・・

その理念ですら 烏合の衆故にすり合わせが出来ていない・・・
そりゃ負けますわ

翁長さんが勝てたのは イメージ選挙である以上
選挙民は目新しさが無ければ興味を失うのです
代案もなく 目新しさもない顔ぶれで その上自分にメリットが無いんだから・・・

この選挙の反省を野党や翁長さんしないと 肝心の国政選にはこの寒波並みの冷たい世論にさらされますよ

しかしアホな事を問う選挙ですな・・・
市長が外交できるのかと・・・否定しようがどうしようが進む政策なら
お財布論が最も勝つわな。。。その上 お国が保障する 与党だしなぁ。。。
争点を 地元ネタにして 一部として基地問題を問えば勝てたかもねぇ
馬鹿だから根本見誤ったのか 常勝に驕ったのか

この選挙の敗者は 候補者でもない
この選挙の勝者も 候補者ではない
この選挙の敗者は 愚かな国政選挙代理戦と言う寝ぼけた論調にしたメディア
そして勝者は 騙されなかった有権者ですね

地方選は地方選だ。。。国政で決まったのならその範囲で最大限の利益を地元が得る事を
争点にすべきですね 正直負けた側の候補者 支持政党 メディアの 不戦敗 (´・ω・`)