「青ガエル」電車、絶滅へ 最後の1両、2月引退 渋谷駅前の電車 ◆◇◆


  熊本電鉄は2016年1月8日(金)、5101A号車「青ガエル」を2月14日(日)に引退させると発表しました。
 この「青ガエル」と呼ばれる車両は元・東急電鉄の5000系という電車で、渋谷駅のハチ公前広場に保存されているのと同じ車両です。
 
  この5000系「青ガエル」は1954(昭和29)年、渋谷駅と桜木町駅を結ぶ東急・東横線でデビュー。緑色の塗色と下ぶくれの“顔”から、「青ガエル」や「雨ガエル」といった愛称で呼ばれるようになります。

 そして東急線からは1986(昭和61)年に引退。一部の車両は長野電鉄や岳南鉄道(静岡県)といった各地の鉄道会社で、第二の人生を送ります。

 しかし年々、老朽化などからその“生息数”は減少。2015年3月以降、生き残りはこの熊本電鉄を走る5101A号車ただ1両のみという、“絶滅寸前”の状態になっていました。そしてついに今年2月14日、「青ガエル」およそ60年の歴史に幕が下ろされます。

 熊本電鉄によると最終日の2月14日、夕方から営業列車として運行を終える予定とのこと。ただ、この5101A号車「青ガエル」は1両での運転で、乗客が集中すると地域の輸送に大きな影響が出てしまうことから、同社は「最終日前までの運行予定日にご乗車頂ければ」としています。

 この最後の「青ガエル」、今後の運転は1月10日(日)、17日(日)、24日(日)、31日(日)、2月7日(日)、13日(土)、14日(日)の7日間が予定されています。

 引退後、この“最後の1両”は熊本電鉄の北熊本駅で保存される見込みです。
自他認める乗り物マニアとしては・・・
戦後すぐの首都圏を飾った電車が都落ちし地方での余生を送っていたのですが
ついに最後の車両も引退
長年お疲れ様です

そう言えば昨年は、カモノハシの引退計画がJR東海から発表されたなぁ 
同じく東海では JNRキハ(気動車)の全廃も発表されたし
マニアとしては古い車両を大事に使うのはありがたいのですが経営としては厳しいのかな・・・
 
一方貧乏な西日本や北海道は、古い車両を末永く使う偽術に磨きを。。珍車「食パン」や酷鉄廣島・・・

う~ん どこもかしこも近郊型になるのは味気ないねぇ・・・
大井川のような観光路線が増えれば。。。
そう言えば お醤油煎餅売ってる某私鉄は、ぁゃιぃネオンの車両走らせてるなぁ
あれは違う気もする
何処へ向かうんだろう 地方路線は、