新興メディアとブランド記者 10人に1人が失業中の米国記者、SNS「自己宣伝」で生き残り図る
 http://www.sankei.com/economy/news/150517/ecn1505170004-n1.html ◆◇◆

内容は 引用を見てください
知ってる人は知っていると思いますがアメリカでは報道関係の赤字問題がかなり深刻化してます
結果とし記者をリストラしたりスポンサー(買収)が盛んなのです
実際韓国系中国系オーナーのメジャー媒体は多い

困った事なのですがこれらが反日ネタを配信してるのですが
最近SNSにリストラされた記者が自分宣伝の為に過激なネタを投下しています
個人的な売り込みだけならともかく スポンサー筋を付けた配信をしてるのも問題
これとNPOがタックを組んで在米韓国系を使った中華系筋が活発に動いてます
少し前の安倍訪問の韓国系の抗議のスポンサーが中華筋だったのは
記憶に新しいところです 安易にアメリカソースを信じない事ですね