様々なポジションの人がいます
被災者 それを支えるべきと言う人 自主再建がと言う人
原発反対派 推進派
必死で処理や再建の現場で働く人
効率が云々 手段が云々
そして取り上げられない事を嘆くその他災害被害者もいる

皆それぞれの立場はあるでしょうが
鎮魂の心は同じでしょう
それぞれの思いは別として 鎮魂の心を己の勢力の拡大に使う愚か者が
本日だけは出ない事を祈る
せめて本日くらい純粋な鎮魂の一日を 

何時もより一人だけ多く優しく接していないかい?