反論はあるだろうが 素朴な疑問掲示

パククネのパパ大統領も ノムたんも
「在日同胞は 祖国を裏切り6月動乱(朝鮮戦争)の時
祖国を裏切った者の子孫である と言い切っている」

これを否定するなら

戦中戦前に来た 強制的に連れられてきた労働力の子孫である
これを主張せねばならばない だがこれ主張していいのだろうか?

素朴な疑問
男性 女性 海をわたって連れてくるには 連れてくる側のメリットがある
同じ価値を有する労働力なのか???

男性を産業労働力とみなすのは簡単だが
女性はどうなるのだ???
その女性だけの産業が存在しないではないのか?
あるとしたら 専門知識がない場合 風俗業しかない
そうなると 在日女性の祖母世代は ほとんどが 売春婦扱いされる
土壌があることになる

君らは 風俗業従事者のもれなく子孫なのか????

反論として 矯正労働者男性の配偶者と言うなら

奴隷の奥さんを役に立たぬのに連れてくる優しい 奴隷使用者の証明か
奴隷が奥さんを呼ぶことのできる 不思議な奴隷優遇を認めなければならないのだが
ならば何故か恵まれた奴隷の子孫と言うことになる

風俗業の祖母の孫 恵まれた奴隷祖父の孫
どちらにせよ 不名誉な選択肢になると思うのだが
今の若い在日世代は どのように思うのか???
きみら 売春婦の孫なのか????
それとも不思議な恵まれた奴隷の孫????

それとも 恐ろしい速度で増殖した特異な民族なのか??
今でこそ少子化ですが日本も高度経済成長期など多産だったはず

貴方のお父さん お母さんの兄弟は 10人兄弟とかだったのかな???
まさか 男性と男性の間に生まれたのが 貴方のご両親なのか???

どれをとっても話が合わなくないか???
不名誉を選ぶか 不道理を主張するか

どちらを主張するのかな???