意外かもしれませんがクリスマスや新年の行事で鳥食べる文化は少ないのです
肉も少ないとも言えます
これには理由があるのですよ
国家レベルでの休日になるのでお店を休んで皆さん宗教施設や家庭に籠るから
肉類の保存ができないからです
近年保存が効くようになったので普及してますが
その前は 加工肉や 魚類を使ってました
バスタブに鯉を大量に放ちお店が休んでいる間鯉を食べる習慣が出来た国や
意外かもしれませんが日本が鎖国時代大量に輸出した 棒タラを食べる習慣がついた
ヨーロッパの国もあります
産業革命前は 保存用のパンを作りそれをどのようにしたら美味しく食べられるか
考えた結果それが御馳走やお菓子のルーツになった国もありますしね
バレンタインのチョコとクリスマスのチキンを不思議がる国の人は多いかもしれません
そもそも生肉って保存が効かないので基本的に高級食材ですから(´・ω・`) 

身内ネタ①
我が家には犬を飼っています
大きな犬なので長期家を空けることはできません
今回お留守番役である私が出張したので犬当番に お義父さんが一人寂しく年末年始を過ごすことに
そして一人で過ごしたせいかある提案が
「ヌコ飼わないか???」「ヌコはいいぞ 散歩がいらない!!」「シェパードは年寄りにはきつい」
「見た目がハスキーのほうが和む!!(散歩ハスキーきついと思うのですが・・・)」

そんな訳で 番犬のポジション争いと ペットの座を争い各自が色々主張開始
ころっけ的には複雑ですよ 番犬もペットも命です
気楽に増やしていいものか悩みます う~ん考えすぎかな(´・ω・`) 

身内ネタ②
ころっけ的には年末年始お留守番で過ごし趣味の電車旅行に最適な山陽道18きっぷツアー 
今週する予定だったのですがきっちり埋まってしまった・・・
おまけにあれだけ旅行したんだから家で過ごせとプレッシャーが ビシバシ
いやぁ 奥さん 仕事でしたがな(´・ω・`)
そして「家族サービスはわたしがしたからあなたが今度はする番です!!〇〇温泉希望!!」
だそうです いやぁ 温泉行くのは楽だけどその宿が取れないって・・・・
さて困った 並ぶ 待つのが苦手な関西人
希望の宿と観光地での快適なスケジュール企画しろなんて無理です